Warning: Undefined array key "WP_Widget_Recent_Comments" in /home/artphilia/tokyodj.jp/public_html/wp-content/themes/avant_tcd060/functions.php on line 425
音と形の厳密な関係 | TOKYO DJ部
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 音と形の厳密な関係

音と形の厳密な関係

人間と音の関係

古来から人間と音楽はとても密接に結びついています。耳にする音楽の性質によって、人は元気になったり、反対に暗い気持ちになったりしますよね。音響心理学という学問も存在します。そして、古代から音楽は、人々の精神を鼓舞したり、別の精神状態を引き起こすための道具として、儀式や呪術に用いられてきました。良質な音楽は人間の健康面に「良い影響をもたらす」ことが知られています。

周波数って何?

音は振動する波であり、ある音は、その振動の速さによって表すことができます。1秒あたりの振動の回数が「周波数」であり「Hz(ヘルツ)」という単位で表します。人間の耳には、周波数が高くなるほど音も高く聞こえます。ちなみに周波数は、1930年代に考案された。それ以前は”サイクル・パー・セカンド”と呼ばれ、正確に計測できるようになったのは、フェリックス・サヴァールがサヴァールの車輪を、ヨハン・シャイブラーがトノメーターを発明した1834年のことだそうです。

神秘的なソルフェジオ周波数

ソルフェジオ周波数は、グレゴリオ聖歌に使われた古代の音階だと言われています。174Hz285Hz396Hz417Hz528Hz639Hz741Hz852Hz936Hz9つからなり、これらの周波数に癒し効果があるとして近年スピリチュアルの世界で話題を集めています。

ソルフェジオ周波数9種類とそれぞれの効果

9種類のソルフェジオ周波数には、それぞれ以下のような効果があると考えられています。

  •  174hz 意識の拡大と進化の基礎
  • 285hz 多次元領域からの意識の拡大と促進
  • 396hz 罪の意識や恐怖からの開放
  • 417hz 変化に挑戦する心、知性
  • 528hz 無限の可能性、DNAの修復、奇跡
  • 639hz 人間関係の向上
  • 741hz 問題を解決する力、表現力の向上
  • 852hz 直感力の覚醒
  • 963hz 高次元、宇宙意識とつながる

カバラ数秘術とソルフェジオ周波数

それぞれの数字を分解して足す作業を、答えが一桁になるまで繰り返すと、最終的に得られる解が3の倍数の繰り返しになっています。

さらに、前後のソルフェジオ周波数の差は必ず111になっているという共通点があります。これは741という基準の数字から、111を足すと852、引くと639、というふうに定められたからです。111はカバラ数秘術で3桁の3を表します。そして、最後の963111を足すと1074になります。0を数えず読むと174。一番上の周波数に戻りました。ソルフェジオの数列は循環し、無限を、永遠を意味するのです。3は、カバラ数秘術にとって最も聖なる数字と言われています。すごく不思議な数字の関係性があります。

重要な3つの周波数を聞いてみよう!

この中でも重要視されているのが、432hz528hz963hz3つの周波数と言われています。

528Hz 無限の可能性、DNAの修復、奇跡

そんなソルフェジオ周波数の中でも、特に重要だと言われているのが528Hz。エンヤなど、ヒーリングミュージックなどは必ずこの周波数が多く含まれています。528Hzは音階でいうと高いドに近い音で、「DNAの解放」の効果があるとされています。この効果は若返りに効くとも言われ、一般的にも注目度が高いのです。

432Hz DNAを修復・右脳を活性化させる

ソルフェジオ周波数の他にも、432Hzが癒やし効果を持つとされ、強いリラクゼーション効果があり、右脳を活性化する周波数としても知られています。物体の固有振動を可視化する研究(サイマティクス)によって、水の周波数が432Hzであると証明されたことにあります。

潜在意識覚醒を促し、開運や健康促進にも効果があるようです。水に音を当てて、その波紋を撮影して見ると、水を綺麗に振動させることができる周波数ということがわかります。人間の体は70%以上が水で出来ている為、無意識にこういった音の振動の影響を受けています。

引用:https://thekriokcult.wordpress.com/tag/cymatics/

963hz 高次元、宇宙意識とつながる

ソルフェジオ周波数963Hzは、高次元と宇宙意識につながる効果を持っていると言われています。自分に悪霊が憑いている場合は除霊作用が働くとも言われています。抽象的な存在と自分をリンクさせパワーを得られる周波数です。

サイマティクスとは?

「サイマティクス」は、音の周波数が、水や空気、砂のよう​​な特定の媒体を介して移動した時に、それ自体の振動を変化させることを説明したものです。

サイマティクス実験における周波数を図形にした綺麗な写真がたくさん載っていてとても興味深い本をご紹介します。

《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ 生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて (日本語) 単行本(ソフトカバー)− アレクサンダー・ラウターヴァッサー (著), 増川 いづみ (翻訳)

面白いことに周波数が高ければ高いほど形は細かく綺麗な模様を描きます。そして、単一の音よりも倍音ハーモニーがより一層美しい形になっているそうです。音の周波数と形の関係は固定されており、そして音の周波数は無限なので、その波形もまた無限にあります。ゆえに、周波数が「形」を決める設計図じゃないかと言われています。又、この本によると動物の柄や植物の形はすべて固有の周波数が関連していることがわかります。

倍音とは?

  • クリスタルボウル
  • チベタンシンギングボウルの倍音
  • ホーミーの倍音

倍音には癒しの効果があります。倍音とは簡単に説明すると、クリスタルボウルやチベタンシンギングボウル、モンゴルのホーミーという歌唱法等、いくつもの相性の良い音同士が特定の振動数で響き合って出来る音楽の事を指します。クリスタルボウルの深い響きには聴いているだけでも深い瞑想状態になるようなリラクゼーション効果がありますが、こういった倍音を使った音楽にはソルフェジオ周波数が含まれている事が非常に多いのです。

周波数で何が伝わるのか?

「ありがとう」等の言葉を見せた水からは綺麗な結晶ができ、「ばかやろう」等の言葉を見せた水からはいびつな結晶ができるといった実験結果もあるそうです。

サイマティクス

出典:水からの伝言 (世界初水の氷結結晶写真集) (日本語) ペーパーバック – 1999/6/1

音楽を聴かせた食べ物や飲み物もあります。以下にいくつかご紹介します。

【お酒】
・蔵粋 小原酒造(福島)
・音楽酒 北雪酒造(新潟)
・モーツァルト 金井酒造(神奈川)
・夢の扉 鳳鳴酒造(兵庫)
・れんと 奄美大島開運酒造(鹿児島)

【味噌】
・ロックを聴かせた味噌汁 マルコメ(長野)
・有機みそヴィバルディ マルカワ味噌(福井)
・四季の蔵 ますやみそ(広島)
・クラシック音楽発酵 田園 佐々長醸造(岩手)
・味噌職人(赤) 八木澤商店(岩手)

【醤油】 
・モーツァルト醤油 竹岡醤油(京都)
・ジャジャジャ醤 弓削多醤油(埼玉)

【その他】
・レタス モーツァルト野菜の会(兵庫)
・モーツァルト米 杉田農場(千葉)
・クラシック苺 ファームクラブ中里農場(群馬)
・モーツァルト梅干 深見梅店(和歌山)

出典:株式会社MEMOテクノス

音楽の世界基準の論争

1939年の国際会議により、楽器を調律する際に基準とすべき音が世界レベルで統一されました。そこで決められた標準音が「A(ラ)=440Hz」です。一説によると、赤ちゃんの泣き声が440Hzだったからそう決まった、と言われています。

それまでは、音の高さの基準はその時々で変わっており、時代や地域によってもバラバラでした。バロック音楽の時代には、今よりも低い基準(415~430Hz)で演奏されていたり、逆にイタリアルネサンス期には、半音近く高かったり(466Hz)したようです。古代のエジプトやギリシアではA=432Hzが楽器の調律に用いられていたといいます。

長年「A=440Hz 対 A=432Hz」は多くの音楽ファンの中で議論されていました、オーストリアの神秘思想家のルドルフ・シュタイナーも「432Hzではない基本音調の世界は悪魔を勝利に導く。A=432Hzでチューニングされた音楽は、精神の自由をもたらし人間の本来性をサポートする。人間の内耳は、A=432Hz用に形成されている」と発言しています。『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略』の著者 レオナルド・G・ホロヴィッツは「国際標準音(440Hz)は狂気の周波数」と主張しています。

チベット・ボウルやピタゴラス・モノコードなどの古代の楽器は432Hzを基準としおり、モーツアルトもベルディも432Hzがもっとも美しく聞こえる周波数と捉えていたと言われています。ある実験では、432Hzは右脳を活性化させる作用があり、440Hzは左脳に働きかけると言われています。

432HZ440Hzを聴き比べてみよう

まとめ

クォーツ時計をご存知でしょうか。水晶は、時計で1秒と定義できるような正確な周波数で振動しているため時計に使用されました。一般的なクォーツ時計の誤差は1ヶ月で15 〜30秒程度であり、特に精度の高いモデルでは1年で数秒程度となっているそうです。

そして、私たちの人間の体は素粒子からできていて、実は超高速で振動しているそうです。私たちの体の組織にはそれぞれ特有の振動数があると言われています。東洋医学やアーユルベーダ、東洋医学の「氣」などは周波数の知識が知りばめられているそうです。ピタゴラスが2500年前に「病気は音で治療できる」と述べたそうですが、案外本当かもしれません。

人間も含めて、宇宙のすべてが特定の周波数で振動しています。いい周波数は私たちに素晴らしい影響を与える可能性があります。

関連記事