Warning: Undefined array key "WP_Widget_Recent_Comments" in /home/artphilia/tokyodj.jp/public_html/wp-content/themes/avant_tcd060/functions.php on line 425
レイブカルチャーとスマイルマーク | TOKYO DJ部
  1. HOME
  2. ブログ
  3. レイブカルチャーとスマイルマーク

レイブカルチャーとスマイルマーク

スマイルマークは黄色い円形に笑顔の描かれたキャラクターグッズです。スマイリー、スマイリーフェイスなどとも呼ばれています。「ポジティブを表すシンボル」として全世界の97%に認識されているそうですよ。

誰がスマイルマークをつくったの?

スマイルマークは、196312月にアメリカのステート生命保険の関連会社内のキャンペーンとして、商業美術家ハーベイ・ボールによってデザインされました。合併による士気の低下を防ぐ社内キャンペーだったそうです。

Harvey Ball

ハーベイ・ボールは、この黄色いスマイルマークのデザインをわずか10分で制作しました。誰でも使えるようにと本人も依頼元の生命保険会社も商標登録しなかったそうです。現在のスマイルマークを比較すると、目は通少し小さく、口も長くて曲がっています。「モナリザの笑顔のようだ」と揶揄されることもあります。ちなみにギャラはわずか45ドルだったそうです。

2017年、ボローニャ大学の考古学者のチームが、トルコのカルカミス遺跡で紀元前1700年頃のポットの欠片見つけました。つなぎ合わせてみると、大きなスマイルマークの顔が描かれているのを発見しました。考古学者のニコロ・マルケッティはそれを「発見されている世界で最も古いスマイルマークだ」と発表しました。

スマイルマークの壺出典:https://www.timesofisrael.com/historys-oldest-smile-found-on-4000-year-old-pot-in-turkey/

1944年にノーベル文学賞を受賞したデンマークの作家で詩人のヨハネスV.イェンセン が出版社に宛てた手紙のなかにスマイルマークに似ている顔のマークがあったことがわかっています。

スマイルマーク
出典:https://paulhillery.co.uk/smiley-a-brief-history/

ノベルティで有名になった

1967年、シアトルのグラフィックアーティストであるジョージ・テナギはボールとは、別のスマイルマークをデザインしました。そして、シアトルを拠点とする銀行 University Federal SavingsLoan広告キャンペーンテナギ のスマイルマークは使用されました。

最終的に、15万枚のバッジ、貯金箱、財布などの他のブランドのアイテムと一緒に配布し、銀行内にスマイルマークのポスターを飾りました。

このグラフィックは、1970年代初頭にフィラデルフィアの兄弟であるバーナードマレースペインによってさらに一般の人々に人気を博しました。19709月にノベルティアイテムを販売するキャンペーンで大量にスマイルマークのグッズを製作・使用したためです。

ボタンやコーヒーマグ、Tシャツ、バンパーステッカーなどが制作されました。そして、「Have a happy day」というシンボルと「Have a nice day」というフレーズで飾られた多くのアイテムを生産しました。

平和と愛の運動”と関連づけられスマイリーは一気に人気を博すようになります。結果的には、ニューヨークのボタンメーカーNG Slaterと協力して、1972年までに約5,000万のハッピーフェイスバッジが作成されました。現在でも、ヴィンテージショップでは当日のグッズが販売されています。

スマイリーステッカー出典:https://containerjunk.shop-pro.jp/?pid=117507957

スマイリーボタン


出典:https://reimart.official.ec/items/23897706

スマイルマークの著作権争い

フランスでは、ジャーナリストの フランクリン・ルーフラニが、担当していた新聞のコーナーのマークとして、スマイルマークを製作したと主張しました。彼が、スマイルマークを商業利用するために商標を登録した最初の人物です。100か国以上で商標を付け、Smiley Companyを立ち上げました。

フランクリン・ルーフラニ のスマイルマークは、ボールのデザインと似ていますが、彼は「ボールのデザインは、見たことはありません」と主張しています。

90年代の半ば、ウォルマートは店やテレビ広告でスマイリーフェイスを使用し、Smiley Companyと著作権訴訟が10年も続いたそうです。

 最初にスマイルマークを作ったのは、ハーベイ・ボールだったのに著作権は彼のものではありませんでした。彼は、2001年4月12日に死去し、その事は全世界の新聞で「スマイルの生みの親が死去」として報道されました。それによって、世界中で「スマイルはハーベイ・ボールの創作・著作である」という事が公認となりました。彼の息子のマサチューセッツ州の弁護士であるチャールズ・ボールを会長として「ハーベイ・ボール・ワールド・スマイル財団」を設立しました。そして、フランクリン・ルフラーニが設立したSmiley Company社も、現在も「スマイルマーク」を使ったビジネスを継続しているようです。年間1億3,000万ドル以上を稼ぎ、ライセンス企業のトップ100に入っています。

アシッドハウスのアイコンへ

スマイリーフェイスは、1980年代後半と1990年代初頭のレイブカルチャーにも非常に関係しています。

伝説のクラブ「Shoom」の創始者として知られる ダニー・ランプリング が、19879月にイビサにある Amnesia DJ Alfred がプレイしていたバレアリックスタイルに惚れ込み自分のパーテ でバレアリックなバイブスに最新のUSハウスを組み合わせてAmnesiaで過ごした素晴らしい時間を再現したい」と考えました。

そして、ロンドンへ戻ったダニー・ランプリング は妻と共にクラブ「Shoomをオープンさせました。そしてイベントフライヤーにスマイルマークを起用しました。

shoom

ダニー・ランプリングは、わざわざスマイリーフェイスをあしらった服を集めていた友人から借りて、「Shoomで着るようになったといいます。そしてイベントフライヤーにもスマイルマークを使用しました。

やがてスマイリーマークはアシッドハウスのシンボルとなり、 サンフランシスコのSummer of Loveに続く、「Second Summer of Love」と称されるパーティーとなります。

shoom
出典 :https://graff.io/blogs/pop/discover-shoom-an-interview-with-danny-rampling

スマイリーフェイスはShoomのフィーリングと美学、つまり、ポジティブな気持ち、愛、調和、楽しさ、幸せをパーフェクトに表現していたんだ

– Danny Rampling

英国では、1970年代以降のサイケデリックカルチャーと、1980年代後半のエレクトロニックダンスミュージックカルチャー、特にアシッドハウスに、ハッピーフェイスが関連付けられています。レイブの絶対的なシンボルとして認識されており、“みんな一緒にフロアで踊る” というシンプルな喜びを表現しているそうです。

スマイルマーク

レイブカルチャーとスマイリー

スマイルマーク は その後 アシッドハウスレイブカルチャー全体に広がりました。アパレル、ポスター、アルバムカバーなどで頻繁に使用されました。しかし、ドラッグの広範囲な使用社会不安の原因となるといった観点から、政府や警察はレイブを危険視し、強力に取り締まることとなります。スマイルマーク は ”レイブを象徴する” と考えられ取り締まりの標的になりました。

音楽雑誌 New Music Express では、警官がスマイルマークの顔を半分に引き裂いている写真が表紙を飾りました。

スマイルマークと警官

その後のアーティスト×スマイルマーク

  • Bomb the Bass

1988年、Bomb the BassBeat Dis」というヒットシングルでコミックシリーズ 漫画「ウォッチメン(1986年) から抜粋した返り血を浴びたスマイルマークを使用しました。

Bomb The Bass Beat Dis

漫画「ウォッチメン(1986年)」は、現代の不安を反映し、スーパーヒーローの概念を解体し、風刺する作品でした。ウォッチメンは、1940年代と1960年代にスーパーヒーローが出現し、その存在が歴史を変えたため、米国がベトナム戦争に勝ち、ウォーターゲートの侵入が決して暴露されなかったという別の歴史を描いています。

このシングルはイギリスで大成功を収め、UKシングルチャートで 2位に達しました。また、ヨーロッパでも大ヒットし、少なくとも5か国でトップ10に達し、ニュージーランドでは5位でに達しました。

  • NIRVANA

ニルヴァーナのバンドTシャツにはぐったりした顔のスマイリーが描かれているのをご存知ですか?

NIRVANA

カート・コバーンによるデザインらしく、ワシントン州シアトルのダウンタウンにあるストリプクラブ  ”The Lusty Lady” からヒントを得たものだと長年考えられているが、真偽のほどは定かではないそうです。


元になったと言われる”The Lusty Lady” STRIP CLUBの看板
参照:http://blog.revivalsgallery.com/nirvana-%E3%83%8B%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81%AF%EF%BC%9F-1300.html

  • Fatboy Slim

さらに、Fatboy Slimはスマイルマークの熱狂的ファンを公言しています。20年前からずっと”スマイリーフェイスグッズ”を集めているそうです。

Fatboy Slim

ヴィンテージのアシッドハウスバッジから、1970年代のワッペン、トースター、コンドームまであらゆるグッズを持ってるよ。コンドームが一番変わってるかな - Fatboy Slim

参照:https://www.redbull.com/jp-ja/10-lost-rave-classics

そして、”スマイルマーク愛”が爆発して、2015年に「Smile High Club」を主催しました。全身をイエロー(スマイルマークのカラー)にスプレーペイントすることが出来るなど、クレイジーなパーティーだったようですよ。

日本とスマイルマーク

日本でも1970年(昭和45年)に米国の文具ショーを訪ねた文具メーカー等によって真似られ、日本に導入し「ニコニコ・マーク」「ラブ・ピース」「ニコちゃん」として大流行が作られました。 現在では、日本でも知らない人はほとんどいない程に有名なマークですね。

まとめ

多くのアシッドハウスのレコードジャケットには、スマイルマークが起用されているのかと疑問に思っていた方も多いのではないでしょうか。

過去に著作権争いレイブカルチャーなど、様々な事件に巻き込まれた スマイルマーク ですが、「愛と平和」「ポジティブを表すシンボル」「喜び」を表すシンボルとして現在も全世界で愛されています。

ハーベイ・ボールは、世界規模でスマイルマークが人気になると「スマイルマークを世界平和の礎にする」為の「世界的な社会貢献事業をライフ・ワークにする」と決めました。彼が亡くなった後、「ハーベイ・ボール・ワールド・スマイル財団」は、遺言に基づき、「スマイル商品化事業」を行い、その利益で財団運営と「ワールド・スマイル・デイ」等のイベント活動を行っています。 「ワールド・スマイル・デイ」はこれまで18年間継続して開催され、全世界に1億人の圧倒的な支持者がいるそうです。

1996年7月10日に故郷のウースター市で「スマイルマーク」はハーベイ・ボールの創作・著作であると「公認」と「宣言」され、ウースター市は「スマイル・タウン」と名乗るようになったそうです。

関連記事